book book book

人生のヒントになる本

サラリーマンの力

会社という組織に属しながら、いかに創造力を発揮すべきか?

オールナイトニッポン伝説のDJにして、ニッポン放送元社長という、会社員人生を極めた著者が考える、ポジティヴでまったく新しいサラリーマン論。

ラジオ業界のエピソードを交えながら、「企画力」と「営業力」の重要性、社内政治の乗り切り方、グローバル社会における企業の意味、会社と共に生き、チャンスをつかむ方法を伝授する。

吉田拓郎氏推薦!
「カメちゃんは僕の少し前を行くイメージなのだ」

目次より
プロローグ 「歯車」じゃない人間なんていない
第一章 僕はどうやって「サラリーマン」になったのか
第二章 サラリーマンの「企画力」と「営業力」
第三章 上司、部下、出世競争……人間関係の乗り切り方
第四章 時代の変化をどう生き抜くか
第五章 サラリーマンが「卒業」するとき

【著者プロフィール】
亀渕昭信(かめぶち あきのぶ)
ポピュラー音楽研究家。1942年北海道生まれ。1964年ニッポン放送入社。以来45年余り、番組制作、パーソナリティー、編成、経営と仕事の大半をラジオ局のサラリーマンとして過ごす。1999年から同社代表取締役を務め、2008年退任後、フリーのラジオDJとして活動。著書は『亀渕昭信オールナイトニッポン-35年目のリクエスト』(白泉社)、『亀渕昭信のロックンロール伝』(ヤマハミュージックメディア)など。

 
 

f:id:hopehill:20180118203706j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

「エゴ・レジリエンス」でメゲない自分をつくる本 ~ego-resilience~

 ちょっとしたひと言で傷ついてしまった学生、会社での人間関係に悩み「うつ」になってしまったサラリーマン、子育てにイライラがつのり自信を失っている母親たち。「ポジティブ心理学」はこの落ち込みや悩みが大きくなる前に、早く立ち直る方略を私たちに教えてくれる心理学です。
 「エゴ・レジリエンス」は、このポジティブ心理学理論に立脚しながら、ストレス状況をうまく調整し、柔軟で元気な自分でいるためになくてはならないキーコンセプトです。「エゴレジ」を鍛え、子どもから高齢者までの永い人生をイキイキと楽しく生きていきましょう!
 では「エゴレジ」スイッチをオン!

内容(「BOOK」データベースより)

「エゴ・レジリエンス」は、ポジティブ心理学的理論に立脚しながら、日々のストレスをうまく調整し、柔軟で元気な自分をつくるスイッチ。

 

f:id:hopehill:20180118203403j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

もう凹まない! 傷つかない心の習慣 くらべない

近年社会環境の厳しさで、成果や実力が求められ、またプライベートでも無意識に誰かと自分を比較しがちです。
比較すればするほど、ねたみやそねみ、うらやみ、自己嫌悪など心にどんどんゴミがたまってきて、それを放置すれば人生そのものがマイナスに傾き運もみるみる悪くなります。
本書では、今までの「くらべる生き方」から「くらべない生き方」へスイッチをチェンジする方法を紹介しています。
くらべることがなくなれば、心が疲れることなく、自分の特性をいかし、コンプレックスなどの弱みが強みに変わります。
そして人の幸せを願えることで、大きな恩恵がもたらされ、明るく前向きに楽しく生きる術が身につくようになります。
心理学カウンセラーの人気著者植西聰さんが、7つのワークなどもいれてやさしく実践的に解説。
もう凹まない傷つかない、心を強くする本です。

著者について

植西 聰(うえにしあきら):
東京都出身。著述家。
学習院高等科、同大学卒業後、資生堂に入社し、その後独立。
「心理学」「東洋思想」 「ニューソート」などに基づいた人生論の研究に従事。
1986 年、長年にわたる 研究成果を体系化した『成心学』の理論を確立し、著述活動を開始する。
1995 年、 「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)を取得。
著書に『「折れない心」をつくるたった一つの習慣』(青春出版)、『「いいこと」がいっ ぱい起こる! ブッダの言葉』(三笠書房)、『「もうダメだ」が「大丈夫」に変わる 1秒セラピー』(PHP 研究所)、『一瞬で気持ちを切りかえる! 凹まない人の感 情整理術』(弊社刊)などがある。

 

f:id:hopehill:20180118203034j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

自衛隊メンタル教官が教える人間関係の疲れを取る技術

自衛隊でメンタル教官を務めてきた人気カウンセラーが、人間関係の疲れをとる技術を伝授。嫌なことがあっても「我慢する」「忘れる」という対処では、知らないうちに「防衛(恨み)記憶」が育ち、ますますその人のことを嫌いになる。「自分の感情をケアする技術」を知れば、もっと楽に生きられる。
 

内容(「BOOK」データベースより)

自衛隊メンタルヘルス教官を務めてきた著者が、自分の感情にフタをせずに、しっかりとケアすることで、人づき合いをグッと楽にする技術を伝授。今日から使える、実践的スキルが満載!
 

f:id:hopehill:20180118202844j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

寛容力のコツ―――ささいなことで怒らない、ちょっとしたことで傷つかない

「最も予約の取れない」
人気カウンセラーが教える、
人間関係で一番大切なこと

◎「疲労」が最も人を不寛容にさせる
◎「性善説」で生きるほうが疲れない
◎イラッとしたときは「まず呼吸」
◎「違いを楽しむ」という寛容力のコツ
◎人の「いいところ探し」の達人になろう
◎自分の「これが正しい」を疑ってみる
◎自分を許すための「ありがとう瞑想」
◎怒りを客観的に見直す「視点の切り替え法」

ささいなことで怒らない、
ちょっとしたことで傷つかないための「寛容力の高め方」


■目次

1章 「あの人が許せない」のは、どうして?
   あなたの心、小さくなっていませんか?
   何が人を不寛容にさせるのか
   ほか

2章 「怒り」という、やっかいな感情
   「怒り」はなぜ強いのか?
   振り込め詐欺がなくならない理由
   ほか

3章 まず、自分を責めるのをやめよう
   自分への「ダメ出し」を減らしていく
   みんな自分が思うほど不寛容ではない
   ほか

4章 人を許すほど、人生はラクになる
   町内会長とトラブった、ある夫婦の話
   気持ちのクールダウンに重要だったのは?
   ほか

5章 もっと「広く」「大きく」考えるヒント
   なぜ、部下にイライラしてしまうのか
   相手の「事情」をちゃんと知る
   ほか

■著者 下園壮太
 

内容(「BOOK」データベースより)

ささいなことで怒らない、ちょっとしたことで傷つかない。最も予約の取れない人気カウンセラーが教える、人間関係で一番大切なこと。
 

f:id:hopehill:20180118202627j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

「折れない心」をつくる たった1つの習慣

折れそうなときどう考えるかは、性格でなく「選択」です。
頑張るより、自分を大事にして負のスパイラルから抜け出し、ヘコたれない心を呼び覚ます方法があります。
67万部のベストセラーに新たな書き下ろし原稿を加えた待望の文庫版です。

著者について

東京都出身。学習院大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
著書に『“ひとりの時間”が心を強くする』(青春新書プレイブックス)、『平常心のコツ』(自由国民社)、『運命の人とつながる方法』(文響社)などがある。

 

f:id:hopehill:20180109090342j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

自分を信じる力

あなたの周りの状況がどうであれ、自信をもって生きることは誰にでもできる。
トランプ、オバマなど歴代アメリカ大統領が愛読、 今もなお、アメリカの成功者の多くが指針とする名著、 宮沢賢治ホイットマン、哲人ソローが師と仰いだエマソンの世界的名著。新訳で登場。
19世紀の思想家ラルフ・ウォルドー・エマソンの『自己信頼感』 生き方、仕事、人間関係、挫折、成長、友情、成功法則……。
すべての疑問への羅針盤になる一冊!
宮沢賢治ホイットマン、哲人ソローが師と仰いだエマソンの世界的名著。新訳で登場。

著者について

19世紀アメリカの哲学者・思想家・文学者・詩人。
8歳の時に牧師の父を亡くし、貧困と病に苛まれながらも14歳でハーバード大学に入学。26歳で牧師になるも、因習にとらわれた教会制度を批判し、職を辞する。29歳から自分を信じよりよく生きることを世に発信するべく講演や執筆活動をはじめる。
プラトンやカント、東洋思想の影響を受けて著したエッセー『自己信頼』は世紀を超えて読まれる世界的名著として、ソローやニーチェ福沢諭吉宮沢賢治に影響を与え、バラク・オバマ第44代米国大統領も愛読書として挙げている。
1882年没。

 

f:id:hopehill:20180109090249j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

マンガでよくわかる 自分を操る超集中力

シリーズ37万部の本がマンガ化!
1日20冊の本を読むDaiGoの超集中メソッドが
ストーリーで楽しく身につく!

本書は、集中力を使いこなすメソッドを学び、漫画の「新人賞」を目指すOL・吉岡めぐみさんの奮闘ストーリーです。
超ベストセラー『自分を操る超集中力』のエッセンスを物語に凝縮させました。

【あらすじ】
ある日、めぐみは出版社に漫画の原稿を持ちこんだ際に、プロ漫画家・大林寿子に『自分を操る超集中力』を手渡される。
書籍から集中力を使いこなすメソッドを学んだめぐみは、メキメキと実力を表し、出版社の担当者から「新人賞を目指さないか」と誘われる。
喜び勇むめぐみだったが、本業の仕事や副業と修行を兼ねたイラスト仕事も忙しくなり始め、次第に疲れが顔に表れ、気力も消耗していくのだった…。
果たしてめぐみは、チャンスをつかむことができるのか!?

著者について

メンタリストDaiGo 人の心を読み、操る技術“メンタリズム"を駆使する日本唯一のメンタリスト。
テレビ番組への出演多数。外資系企業の研修やコンサル、遺伝子解析企業の顧問、大学の特任教授なども務めている。

主な著書は、『人を操る禁断の文章術』(かんき出版)、『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』(ダイヤモンド社)、『限りなく黒に近いグレーな心理術』(青春出版社)、『ポジティブ・チェンジ』(日本文芸社)ほか。
著書累計で200万部を超える。

本書は、自分の心を操る「行動と集中力の絶対法則」を、著者が初めて明らかにした『自分を操る超集中力』のマンガ版。
オフィシャルサイト http://daigo.jp

 

f:id:hopehill:20180109090156j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

人生の目的 ~自分の探し方、見つけ方~

自分は、何のために生きているのか。
これからの人生で、どんなことをしたいと思っているのか。
何をすれば、充実した毎日になるのか。
――あなたは、自分の心と真摯に向き合っていますか?
後悔のない素晴らしい人生を生きるための指針を示す。
これから、どう生きるのかを見つめ直すきっかけとなる一冊!

著者について

神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタートする。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。そのユーモアあふれるセミナーには、世界中から受講生が駆けつけている。大人気のインターネットラジオ本田健の人生相談~Dear Ken~」は2800万ダウンロードを記録。世界的なベストセラー作家とジョイントセミナーを企画、八ヶ岳で研修センターを運営するなど、自分がワクワクすることを常に追いかけている。
2014年からは、世界を舞台に講演、英語での本の執筆をスタートし、2017年にはアメリカの出版社Simon&Schuster社と契約。初の英語での書き下ろしになる著作は、ヨーロッパ、アジア、中南米など、世界20カ国以上の国で発売されることが決まっている。
著書は、『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』(大和書房)など130冊以上、累計発行部数は700万部を突破している。

 

f:id:hopehill:20180109090045j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

いつもの自分がやらないほうをやってみる

「なんだかうまくいかない」
そんなとき、人生を好転させるとっておきの方法があります。
それは、「いつもの自分がやらないほうをやってみる」こと。
まじめ一辺倒なら、ちょっとハメを外してみる。
時間に厳格なら、あえてちょっとだけ遅刻してみる。
いつもは自分ひとりでやってきたことを、人に頼ってみる。
「反対側」を知ると、人生が音を立てて動き出す。

敏腕弁護士にして、心理カウンセラーの著者・鳥居ミコ氏が、自らの人生をかけて見つけ出した、自分自身を解放させて、今より少しだけゆるりと、今よりずっとずっと幸せに生きる方法。
法律相談、そして、心の相談に訪れる女性たちに、人生がガラリと変わったと大評判です。
「こうでなくちや」という心のとらわれを解き放って、自分らしく生きるための「21の練習」が、あなたの心に、自由の風を吹かせる一冊になること請け合いです。

著者について

鳥居ミコ(とりい・みこ)
弁護士、心理カウンセラー。1966年東京都生まれ。1990年に津田塾大学を卒業し、大手金融会社のSEに。結婚後、25歳で転職。様々な職場を経験するうちに「専門知識を身につけたい」と手に取った我妻栄の書籍に感銘を受け、28歳のときに法律家を志す。4回目の司法試験で合格し、33歳で弁護士に。依頼者と全力で向き合い、日々激務に身をさらし、念願の子どもを授かるも流産。その後、人生の絶望の中で、心屋仁之助に出会い、本当に自分を大切にする生き方を選びなおした。素の自分を感じられるようになり、人間関係や仕事が次々と好転。精神的にも経済的にも豊かな日々を送れるようになった。現在は、心の専門家として、そして法の専門家として、多くの女性たちに自分らしく生きるエッセンスを伝えている。

 

f:id:hopehill:20180109085911j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

頑張らずにうまくいく 自分を変える「脳」の習慣

「記憶」のマネジメントで人生は思い通りに


●「自信がない」「続かない」「行動力がない」…
人生の悩みは、脳科学で解決できる!

「自信がないからできない」「やってみても続かない」「行動力がない」など、
様々な悩みを持つ方も多いと思いますが、実は「行動」を変えようとしてもすぐに戻ってしまいます。

●リバウンドをなくし、なりたい自分になるカギは、「脳と仕組み」と「記憶」です。
本書は、脳科学・心理学・臨床心理学などの点から、「記憶」「脳」を管理して、
思い通りの自分になる方法を紹介します。

著者について

●宇都出雅巳
トレスペクト教育研究所代表。1967年生まれ。東京大学経済学部卒。出版社、コンサルティング会社勤務後、ニューヨーク大学留学(MBA)。外資系銀行を経て、2002年に独立。30年にわたり、心理学や記憶術、速読を実践研究し、脳科学認知科学の知見も積極的に取り入れた独自のコミュニケーション法・学習法を確立。企業研修やビジネスマン向けの講座・個別指導を行う。専門家サイト・オールアバウト「記憶術」ガイド。主な著書に『絶妙な聞き方』(PHP文庫)、『「1分スピード記憶」勉強法』(三笠書房)、『暗記が苦手な人の3ステップ 記憶勉強術』(実務教育出版)など多数。訳書に『売り込まなくても売れる! 実践編』(J.ワース著 フォレスト出版)、『コーチング・バイブル』(H.キムージーハウス他著 東洋経済新報社 共訳)がある。

 

f:id:hopehill:20180109085555j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

3つの自分で人づきあいがラクになる: エゴグラムで見える本当の私

交流分析のメソッドが、あなたの人間関係の悩みを今すぐ解決!


どうしていつも人づきあいで悩まされるのか…?
それは、本当の自分を知らずに間違ったつきあい方を繰り返しているから!

交流分析の第一人者の著者が、
こじれる人間関係のからくりと科学的な解決策を紹介します。
人づきあいの悩みや問題が生じた時に、
少し間をおいて今までとは違うテクニックを用いることで、
驚くほど対人関係がラクになるのです。
本書は、エゴグラムで自分の中の「3つの自分」の傾向を知って、
対人関係の歪みを学び人づきあいのクセを改善することで、
豊かな人間関係を築くことを可能にします。
相手を変えるよりも、まずは本当の自分に気づき自分を変えることで、
対人関係改善だけでなく自己実現も果たせるというおまけつき!

いくつかの理論の組み合わせで難しいとされていた交流分析を、
誰もがすぐに活用できるように簡単にまとめられた画期的な一冊です。


〈目次〉
はじめに

序章 人づきあいに交流分析を活用しよう!
なぜあなたの人づきあいはつらいのか?
現実の私と本当の私がある
交流分析ってどんなの?
交流分析で人づきあいをよくするプロセスをマスターしよう

1章 エゴグラムで自分と他人が分かる
まずは心の動きを知ろう
構造分析で心が見える――PACのバランス
エゴグラムにトライ!
状況によって変わるエゴグラム――本当の自分はどれ?
対人関係のエゴグラム――苦手な人と楽な人の違いは?
ブレイクタイム

2章 自分もOK、他人もOKを目指す
自分の性格のくせを知ろう!
あなたはどのタイプ?――4つの心のポジション
生き方を左右する人生脚本
望ましい生き方を選択しよう
否定的な生き方を手放す
ブレイクタイム

3章 コミュニケーションのパターンを考える
やりとりにはパターンがある――交流分析
よいコミュニケーションって?――真実の交流
真実の交流への道
問題のある関係を知っておこう
つらい人間関係対策はコレ
ブレイクタイム

4章 こじれる人間関係を改善する
こじれる人間関係「ゲーム」を知る
よくない人づきあいをしていませんか?
よくない人間関係を打ち切る
プラスのふれあいとマイナスのふれあい
めざすのはプラスのふれあい
ブレイクタイム

終章 セルフコントロールを身につけよう!
人生を変えるセルフコントロール
「分かる」から「なる」へ
生きがいを持って生活する
人間らしく、よく生きる

 

f:id:hopehill:20180109085357j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

私はやる: 自分の中のありあまる富を発見する方法

人生の旅をどのように歩むか、大事なのは“私はやる"という精神だ。
35刷を重ねた不朽の名著、待望の新装復刊。



人は何のために生きるのか。
著者は、創造することこそ生きることであり、
自分にとって価値あるものを作り上げることだという。
それは失敗を恐れず人生を成功に導くための旅にたとえられる。
旅すなわち成功による満足は、目的地にあるのではなく、むしろその過程で与えられる。
その旅を一歩一歩どう歩めばよいか。本書はあなたに秘められた溢れる富を見つけ、
生きる指針を示してくれる。35刷を重ねた不朽の名著、待望の新装復刊。


〈目次〉
まえがき
第1章 成功とは旅である
第2章 あなたの旅の地図づくり
第3章 旅立つための準備
第4章 用意はできた――さあ出発だ
第5章 第一のステーション――幸福とは
第6章 第二のステーション――熱意を持つこと
第7章 第三のステーション――楽しい不満
第8章 第四のステーション――行動せよ
第9章 第五のステーション――連続性が大事
第10章 第六のステーション――構成要素を考える
第11章 第七のステーション――分解と統合をしてみる
第12章 第八のステーション――大と小を考える
第13章 第九のステーション――生活の新しい基準
第14章 第十のステーション――新しい生活のパターン
第15章 第十一のステーション――優雅に金持ちになる方法
第16章 第十二のステーション――あなたの最初の高原とは
第17章 新しい道しるべ
第18章 過去・現在・未来へ
第19章 心があなたを富めるものにできる理由
第20章 特別の目標のための特別の方式

著者について

B・スイートランド
アメリカ・サンフランシスコの臨床心理学者。
創造的心理学の講座を複数の大学で担当し、ラジオ・テレビの講演者として、
あるいは新聞・雑誌の人生相談の回答者としても活躍した。


桑名一央
東京大学法学部卒業。
日本評論社を経て、ダイヤモンド社の出版部長としてビジネス書分野を開拓。
のちに翻訳その他文筆活動で活躍した。1981年没。

 
 

f:id:hopehill:20180109085242j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス

東大病院救急医療の現場で15年、
人間の生と死に向き合ってきた医師が、
ストレスを抱え生きる人に今、伝えたいこと。


「医師として、長年患者さんを診てきた中で釈然としないものを感じていました。
病気になって病院にやってきた患者さんを治療しても、不健康で無理ばかりする生活を続けていれば、
またどこかからだを悪くして、病院にやってきます。
――中略――対症療法によってでしか患者さんを助けられないことにある種の限界を感じていました」
(「はじめに」より)

病気になってしまうような無理をする生活はやめて、
自分の心とからだを大切にする暮らしを始めませんか。


ぼーっとする。呼吸に耳をすませる。
自分に向きあい、なんでもない当たり前の時間を大切にすることで、
人生は輝き出す。

●「頑張りすぎる人」は「いいかげん」になる
●「美しい所作」は、心とからだにいい
●期待しない、依存しない
●「行くため」ではなく、「歩くため」に歩く
●階段の上り下りから生活を変える
●食べ過ぎてしまうのは、ストレスのせい
●喉を意識して食べる
●生活リズムは「からだ任せ」
●長く、ゆっくり呼吸する
●本当の修行は日々の生活にある
●「自分が気持ちいいこと」を選ぶ
●童心に返る
●四季の移り変わりに気づく
●鼻をきかせる
●集中できる「場」をつくる
●自分の人生の主役は自分だけ
●長く生きるかではなく、どう生きるか

マインドフルな生き方は、今すぐ誰でも始められます。

出版社からのコメント

・ついつい頑張りすぎてしまい、そういえば最近休む時間がとれていない。
・いつも人のことを優先してしまい、自分のことは後回しになってしまう。
そんな方に、ぜひおすすめしたいのが本書です。

矢作先生の優しい言葉は、疲れた心にすっと染みわたります。
いつもそばに置いておいて、ふとしたときに何度も見返したくなるような、癒しの一冊です。

 

f:id:hopehill:20180109085134j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads

図解 「人づきあいが面倒!」なときのマインドフルネス

自分を先に満たすと、自然といい関係が生まれていく。「今ここ」「自分中心」「そして相手も心地よくなる」仕組みが、豊富な図&イラストでまるわかり!

著者について

心理学博士。1962年生まれ。一橋大学卒業後、外資コンサルタント会社に就職。30歳を前に渡米し、「カリフォルニア統合学研究所」の東洋西洋心理学部にて博士号を取得。 一方で「ハコミセラピー」公認トレーニングを修了し、心理臨床の経験を深める。帰国後は、コミュニケーション全般に関する研修/コンサルティング活動などを行い、2011年、「日本ラビングプレゼンス協会」を設立。 現在は、ラビング・プレゼンスの普及をライフワークのひとつとして、世界に広めていくべく意欲を燃やしている。

 

f:id:hopehill:20180109085031j:plain

 

もしこの記事を楽しんで頂けたら、

はてなブックマーク(下記の青いB!ボタンです)を押していただけますと幸いです。

非常に励みになります!

Remove all ads